システムエンジニアの仕事

種類によって業務内容も変わるSE

工業のシステムエンジニアである制御系SE

コンピューターシステムは、多様な分野での利用が進んでいます。それだけ将来性の高い仕事であり、挑戦する価値が大きいのです。また、システムエンジニアとなるには、どの分野の種類を選ぶかが重要です。
家電製品や自動車など、工業製品の開発に関わるシステム開発の種類として、制御系SEがあります。近年、機械の制御をコンピューターが司る製品が増えているようです。これからますます、家電製品や自動車で使われるコンピューターの役割は大きくなります。このような時代の変化に伴い、制御系SEの将来性が高まっているのです。
業務システムの開発に関わるシステムエンジニアと比較すると、制御系SEは機械工学の分野出の知識を新たに必要とします。開発で関わることになる製品について、機械構造を理解できなければなりません。そのため、制御系SEは情報技術はもちろんのこと、機械工学の分野においても高度な知識が求められます。
制御系SEの仕事を務めるハードルは高いものの、物を作る楽しみは格別なものです。また、工業製品は大量生産され、世の中に普及します。仕事で開発を手がけた製品が、世の中の多くの人たちに使ってもらえるのが、制御系SEの仕事の大きな魅力です。
コンピューターの性能はかつてよりもはるかに向上し、かつ小型化が進んでいます。そのため、制御系SEの仕事では高度化したコンピューター技術を背景にして、従来よりも自由でより便利な製品開発が可能になりつつあるのです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です