システムエンジニアの仕事

種類によって業務内容も変わるSE

システムエンジニアの種類

主にIT業界で活躍するシステムエンジニアですが、その種類は多岐にわたります。幅広い仕事内容があり、それぞれに専門的な知識が要求される仕事です。基本的には、クライアントの要望に応える最適なシステムを構築することが求められます。仕様書を作成して、システムを構築するだけでなく、そうしたシステムを導入した後の運営や保守管理を任されることもあるようです。システムエンジニアは、大きく分けて4つの種類に分けられるでしょう。
1つ目が、データベースエンジニアです。データベースエンジニアとは、企業のセキュリティを中心とした膨大なデータベースを管理するのが主な業務です。セキュリティを守るためのシステムを設計し、さらにデータベースの保守管理をしていきます。そのため、ネットワークやセキュリティに関する豊富な知識量が要求され、そうした技術を習得しておくことが必要です。
2つ目が、ネットワークエンジニアです。インフラ系のシステムエンジニアであり、ネットワークを構築して運用と管理をすることで、ネットワーク関連の企業活動をしている業者の運営をサポートします。
3つ目が、テストエンジニアです。テストエンジニアは、製造された製品をチェックするシステムを設計するエンジニアです。製品の小さな不具合も見逃さない、精巧なシステムの構築が求められます。
4つ目が、セールスエンジニアです。セールスエンジニアはシステムの設計や開発をするのではなく、システム関連の製品や情報システムを企業に提案したり販売したりするエンジニアです。
このように、一口にシステムエンジニアといってもその種類はさまざまであり、種類によって業務内容も変わってきます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です